ケムコのロープレ移植、第3弾「アルファディア」がAndroidマーケットに登場!(レビュー)

アンドロイドに積極的にJRPGを移植展開しているケムコから早くも第三弾が登場!さっそく序盤の展開をレビューしてみたぞ!
main

フィーチャーフォン(携帯電話ゲーム)からの移植作第三弾

「アルファディア」もiモードアプリやEzアプリなどフィーチャーフォン(ケータイ)でリリースされた作品をAndroidに移植したロールプレイングゲームだ。 最新作は第四弾まで展開されているガラケーの人気シリーズらしい。

いわゆるファイナルファンタジータイプのJRPGで、日本語RPGの飢餓に苦しむAndroidユーザーにとっては貴重な一本になっている。 今回のアンドロイド版もiphone版をベースにしたものになっているぞ。

alfa_00 alfa_27

ジャパニーズアールピージー!

ストーリー展開は所謂「日本型ファンタジー」だ。 若干好みは分かれるが、「こーいうものだ」と割り切れば大人のゲームユーザーでも楽しないこともない。 苦手な人はボタン連打しても進行上特に問題なさそうだ。

以下はストーリー概要。

『エナジ戦争』が実質停戦して100年。 平和が長く続いた世界にシュバルツシルト皇国が宣戦布告をし、各国を占領していった・・・。 そんな時代に、辺境の国の街に住む青年・アッシュとカリムが盗賊に襲われている二人をかくまう事から、物語は動き始めます。果たして、彼らはシュバルツシルト皇国の陰謀を阻止する事ができるのでしょうか。

alfa_02 alfa_05

ハイクオリティなレトロドット絵。丁寧なグラフィック

シンフォニーオブエタニティで若干不安になったゲームグラフィックだが、本作では確実に進化している。 特にバトルシーンのキャラクターとモンスターのドット絵はクオリティが高い。

パレットの色使い等は、ドット絵職人の技が見れる。 キャラクターの立ち絵グラフィックも大幅に改善され、完全な商業クオリティで安心して遊べるぞ!

数字の表記が小さいのが若干残念だ。電車内などではブレて見えない端末も多いのではないだろうか!?

alfa_20 alfa_19

スタンダードなゲームシステムと豊富なサブクエスト

ゲームシステムは至ってスタンダードだ。ストーリーの進行はクエスト方式で展開される。主たるストーリーを追いかける「メインクエスト」の他に 「サブクエスト」も豊富に容易されているようだ。

やりこみ要素もあり、末永く遊べそうなRPGに仕上がっている。 なお、受領したクエストはメニューから何時でも確認可能なので迷うことも少そうだ

alfa_31 alfa_25

属性の概念があるバトル・・・しかし

バトルでは自然の四原則に沿った「属性」の概念があり、これらの要素を上手く利用する事で有利に進めるようだ。 ゲームの開始直後にサラっと説明される。尚、序盤は全く、これらの概念は機能しない。
・・・というより、回復アイテム、魔法、技すら使う機会がない。 オートバトルのみでガンガン進行してしまう感じだ。そんなバランスなので武器や防具も購入する必要がなく、RPGの醍醐味である「成長」要素が全く味わえない。

シンフォニーオブエタニティでは良好なゲームバランスを保ち、RPGの醍醐味を味わえただけに少し 残念だ。中盤以降のゲームバランスに期待しよう!

alfa_10 alfa_33

スマートフォンに最適化されたオプションシステム

本作ではJRPGでは比較的珍しい「クイックセーブ」システムが実装されている。プレイ中、エリアチェンジやイベントバトル後には自動でクイックセーブされる仕組みだ。 意図せぬゲーム終了が起こりがちなスマートフォンでは非常に有り難いシステムになっている。

いつでも、どこでも安心してプレイできるぞ! また、バーチャルパットのポジション移動も引き続き実装されている。しかし、何故か縦軸にしか移動できない。1cm左右に移動できるだけでも、端末に応じた持ち方が出来るだけに 微妙に残念だ。この辺りは次回作の改善に期待したい。

alfa_35 alfa_09

隙間時間にぴったりなロールプレイングゲーム

ゲームバランスに関しては多少大味の感があるが、移動中にプレイする事が多いスマホでは最適な具合なのかもしれない。 ゲーム進行も非常にスムーズなので、ちょっとした隙間時間でも遊べるRPGに仕上がってるぞ。

立ち絵が一種類でステータスから全て共通な点や、アマチュアライクなストーリーなど、コンシュマー出身のRPGに比べるやや物足ない箇所はあるが、価格を考えると 十分なクオリティと言えそうだ。

alfa_30 alfa_06

alfa_11 alfa_14

アルファディア
価格:無料版なし 有料版約630円

qrcode[1]download

*Androidからアクセスしてる方はDownloadボタンでマーケットに転送されます。
*PCからアクセスしてる方はQRコードを読み取ればマーケットに転送されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加