近い未来を舞台にしたスピーディなレーシングゲーム「Extreme Formula」(レビュー)

「Extreme Formula」はモーションセンサーを利用してプレイできる近未来の3Dレーシングゲームだ。多種多様なゲームモード、カーチューニングやドレスアップなどやり込み要素も備えおり、Android版では無料で提供されているぞ!

main

近未来を舞台にしたマリオカート風のスピードレーシングゲーム

本ゲームの世界観は近未来を舞台にしており、現実では存在しないテクノロジーを駆使して超スピードで遊べるレーシングゲームだ。ブーストやアイテムを駆使して、レースを制する。

イメージ的にはグラフィックがSFな「マリオカート」の様なゲームになっている。日本語化されており安心してプレイできるぞ。グラフィックはリアルタイムの3Dポリゴンで描写されており美しい。

formula_028 formula_020

描画が非常に重いのでオプションの選択に注意

条件によっては描画処理の負荷が非常に高い。背景やオブジェの3Dグラフィック事態は軽いのだが、HUD(文字やインターフェイス画面)が 上から描画されると極端にヘビーになるケースがある。

特に操作方法を変更する事によって付加表示されるHUDで顕著に現れるようだ。 自分のスマートフォンで重い場合はオプション設定を見直そう。

formula_002 formula_007

3つの操作運転方法

車の操作は基本的にはモーションセンサーで端末を左右に傾ける事でコーナリングをするタイプだ。その他にもタッチホイールによって操作するタイプ。 タッチボタンによって操作するタイプが容易されている。(前述したとおり、これらを利用すると極端に描画が重くなるケースがある。)

モーションセンサーの感度を設定できるので、上手く曲がれない場合は調整しておこう。

formula_004 formula_006

ドリフトボタンとブーストを駆使して疾走

コーナリングはバキバキ壁に接触しても余り減速しないが、侵入直前で画面右下の「Drift」を押せばスムーズに曲がれる。画面右を上にドラッグする事で 「ブースター」が利用可能だ。

尚、ブースターに回数制限はないが、使い続けるとオーバーヒートしてしまう。ブースターゲージが赤くなる前に、下にドラッグして回避できるぞ。 直線や、クラッシュからの立ち直りで利用すると有効だろう。

formula_010 formula_018

ハイパーブースターで一気に逆転

道路上に設置してある機雷が設置してある。これらに接触するとタイムロスになるので出来るだけ回避しておきたい。 画面右の緑ゲージがMAXになれば、ハイパーブースターが発動可能になる。

この間は一気に加速するだけでなく、壁面衝突による減速ペナルティも若干緩和されるようだ。 これによって多少の遅れも挽回できるようになっているぞ。

formula_027 formula_016

レースで貯めたポイントで強化・ドレスアップ

レースの条件をクリアーする事によって得られるポイントはショップで利用可能だ。新車購入やチューニング、ドレスアップ等が可能。 難度が高い条件をクリアーする事によって、獲得できるポイントが多くなる。

これらの要素によって繰り返しプレイするモチベーション維持も繋がっているぞ。

formula_039formula_036

無料で遊べるスピードカーレースゲーム

「Extreme Formula」は元々iPhoneアプリとして有料で配信されてたものだが、Android版では広告を表示する事によって無料で遊べるようになっている。

道路上に設置してある機雷が、疾走感を台無しにしてる点が残念だが、無料なので気軽に試せるのが嬉しい。 スマホでモーションセンサによるゲーム体験するにはオススメのタイトルだ。

formula_041 formula_008

「Extreme Formula」
価格:無料版あり 有料版:なし

qrcode.download

*Androidからアクセスしてる方はDownloadボタンでマーケット又はメーカープラットフォームに転送されます。
*PCからアクセスしてる方はQRコードを読み取ればマーケットに転送されます。
*OSやキャリア、端末が対応機種外の場合はアクセスできない場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加