スーパーファミコンの名作サウンドノベル「かまいたちの夜 ミステリー編」(レビュー)

チュンソフトによるAndroid参入の第1弾「かまいたちの夜」はSFCで大ヒットしたサウンドノベルゲームだ。推理小説作家による雪山のペンションで巻き起こる本格サスペンスが手軽な価格で味わえるようになっている!

main

チュンソフトによるサウンドノベル第二弾

「かまいたちの夜」はドラゴンクエストの名プログラマー中村光一が設立したチュンソフトによるサウンドノベルゲーム第2弾だ。第1弾の「弟切草」は、サウンドノベルの元祖であり、昨今のノベルゲームに大きな影響を与えた作品になっている。

「かまいたちの夜」はSFCリリース後に大ヒットし、「2」、「3」と様々なプラットフォームに移植、続編展開され、2002年にはテレビドラマ化されている人気シリーズだ!

kamaitati_23kamaitati_17

Android版はオリジナルシナリオを含む分割販売。

「かまいたちの夜」は本編の他にも複数のシナリオが用意されているのが特徴だ。コンシュマー版では一本のゲームに収録されていたが、Android版では各シナリオが分割されて販売され、一本あたりの価格は115円~350円程度になっている。

全てを楽しむにはコンシュマー版と変わらない価格になってくるが、1本あたりの価格は安価に抑えられているため、気軽に遊べるようになっているぞ。

kamaitati_00kamaitati_01

メインシナリオともいえるミステリー編

Androidマーケットには現在10本のシナリオが展開されている。本作の「ミステリー編」はゲームの本編ともいえるメインシナリオだ。各シナリオはここからの派生作品のような形態になっており、まずは「ミステリー編」をプレイを通して登場人物の関係を把握してから、他のシナリオを遊んでいくのが、スタンダードな流れになっている。

kamaitati_03kamaitati_12

実写写真は高解像度で収録

ゲームの内容は基本的にコンシュマー版のベタ移植になっている。想像力を掻き立てられる独特の青い人物シルエットも健在だ。SFC版にくらべると解像度が高くなっており、より臨場感は増したと言えるだろう。

一部演出が簡略化されてるような箇所もあるようだが、初プレイなら全く気にならないレベルだ。

kamaitati_13kamaitati_28

推理作家による本格ミステリー

シナリオは推理小説作家による本格的なミステリーになっている。リリースが94年という事もあって、ややバブルの臭いが残る懐かしい空気が逆に新鮮!

要所要所で選択肢が用意され、プレイヤー自信の推理力が試される内容になっているぞ。ミステリー編の価格は350円。Androidで名作サウンドノベルの源流を気軽に体験するのも悪くないだろう!

kamaitati_17kamaitati_30

「かまいたちの夜 ミステリー編」

価格:無料版なし 有料版:115~350円

qr_code.download[1]

*Androidからアクセスしてる方はDownloadボタンでマーケット又はメーカープラットフォームに転送されます。
*PCからアクセスしてる方はQRコードを読み取ればマーケットに転送されます。
*OSやキャリア、端末が対応機種外の場合はアクセスできない場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加